トップ  > 幸せ顔になる!【ブロック収納】  > 3Dで想像

3Dで想像

幸せ顔になる!【ブロック収納】
 
 《3Dで想像》


部屋づくり、収納づくりには『空間認知能力』というものが関わってきます。

空間認知能力とは「物体の位置・方向・姿勢・大きさ・形状・間隔など、
物体が三次元空間に占めている状態や関係をすばやく正確に把握、認識する能力のこと」です。

ここで言う「空間認知能力」とは
空間を3Dで想像する力としてお話ししていきます。


平面は2D。立体が3Dです。
部屋や押し入れを立体的に想像することで収納づくりがイメージしやすくなります。

しかし、女性は男性に比べ、空間認識能力が低いと言われます.
収納ドクター@長柴美恵も
実際にモノの大きさが想定出来ない女性と多く出逢って来ました。

男性に空間認知能力を発揮してもらうのも1つの方法ですが、
自身で認識できると収納づくりが楽しくなります。
そのためには、空間や物体のタテヨコ奥をメジャーメジャーなどで測り続け、
空間を仕切るイメージを訓練することです。


私は子どもの頃から「サイズを測る」ことが楽しかったので、
大工さんごっこをしながらよく測っていました。


空間認識能力/ブロック収納の考え方

これくらいの棚なら、奥行き40センチ。
これくらいの隙間なら、幅20センチが可能とか、

おおよそのサイズがわかるようになり、
空間をみると、勝手に『収納プラン図』を描いています。


 

メニュー

ジャンル

COMFORTABLE(コンフォータブル)

〒 330-0846

埼玉県さいたま市大宮区大門町2丁目109大越ビル6F

TEL:050-1123-3060

▼防災備蓄収納プランナー協会
一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会


▼収納ドクター公式ホームページ
収納ドクター@長柴美恵


▼YouTube
YouTube_収納ドクター@長柴美恵

▼収納ドクタースマホアイコン
すまっぽん!

▼整理収納アドバイザー2級認定講座
整理収納アドバイザー2級認定講座

▼東北応援!
東北応援!チーム整理収納アドバイザー