トップ  > 幸せ顔になる!【ブロック収納】  > 見える収納か見せる収納か

見える収納か見せる収納か

幸せ顔になる!【ブロック収納】

見える収納か見せる収納か
 

収納づくりにはちょっと気をつけてください。
見える収納とか、見せる収納などと言いますが
これも解釈次第では、大きな間違いにつながります。


見える収納とか、見せる収納となれば
見えない収納、見せない収納もあると思いますよね?

そこでやりがちなのは、

・見えないところだからグチャグチャでもOK!
・見せないところだから隠せるところね!

どちらもNGです×


順に説明しますと、

◆ 見える収納
見えることでどこに何があるのかわかりやすい。

◆ 見せる収納
来客などの他人にも見せたいのか?
見せるつもりなら、「飾り」の意識が必要です。

◆ 見えない収納
見えないので何があるのかもわかりにくい。
ラベリングをすることでわかりやすくなります。

◆ 見せない収納
通帳や下着などは人に見せたくありませんね。

見えるか見えないかは、景観的なことです。
見せる見せないは、本人の意図です。


たとえば

▼ダイニングにあるけど、リビングからも丸見え・・・。
食器棚収納ブロック収納

▼ならば、見せてしまおう!
食器棚収納ブロック収納

いずれにしても、
隠すための収納ではなく、とりあえず入れるだけの収納でもなく、

取り出しやすく、戻しやすいように収納を考えることが
暮らしを快適にする一歩です。


 

メニュー

ジャンル

COMFORTABLE(コンフォータブル)

〒 330-0846

埼玉県さいたま市大宮区大門町2丁目109大越ビル6F

TEL:050-1123-3060

▼防災備蓄収納プランナー協会
一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会


▼収納ドクター公式ホームページ
収納ドクター@長柴美恵


▼YouTube
YouTube_収納ドクター@長柴美恵

▼収納ドクタースマホアイコン
すまっぽん!

▼整理収納アドバイザー2級認定講座
整理収納アドバイザー2級認定講座

▼東北応援!
東北応援!チーム整理収納アドバイザー