トップ  > 幸せ顔になる!【ブロック収納】  > 見えない壁で仕切りを作る-その1

見えない壁で仕切りを作る-その1

幸せ顔になる!【ブロック収納】
《見えない壁で仕切りを作る-その1》
 

空間を区切る訓練として ⇒≪重ねる訓練≫をお話ししましたが
今度はお部屋をイメージしてみましょう。

 

お部屋も収納庫も小さな引出しも、全て空間があります。
最大の枠をそのまま使うとモノが乱雑になります。

私は、お客さまのお宅にお伺いすると、
頭の中でお部屋や壁の仕切りを作り始めます。
モデルルームなどへお伺いしたときも頭の中で仕切りを作り始めます。

趣味なのか職業病なのかわかりませんが、
お洒落なインテリアのイメージよりも、
「カチッと収まる」四角いイメージの方がワクワクしてきます。

実際に収納を考えるときは、
各部屋の空間を見えない壁で仕切り、
各コーナーの目的を明確にしていきます。

その目的から
「ココに何が必要か?」「ココにあると便利なモノは何か?」を考えます。

そして、
“ココ”に置くモノが決まったら、それぞれの大きさや量を把握します。
その大きさや量によって、各コーナーのスペースを想定していきます。

ブロック収納

こんな感じで、
見えない壁でお部屋の仕切りが出来ましたか?

お部屋を見渡して、
ちょっとイメージしてみてくださいね。

メニュー

ジャンル

COMFORTABLE(コンフォータブル)

〒 330-0846

埼玉県さいたま市大宮区大門町2丁目109大越ビル6F

TEL:050-1123-3060

▼防災備蓄収納プランナー協会
一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会


▼収納ドクター公式ホームページ
収納ドクター@長柴美恵


▼YouTube
YouTube_収納ドクター@長柴美恵

▼収納ドクタースマホアイコン
すまっぽん!

▼整理収納アドバイザー2級認定講座
整理収納アドバイザー2級認定講座

▼東北応援!
東北応援!チーム整理収納アドバイザー